sponsored
sponsored

【相葉マナブ】新玉でやみつき「玉ねぎ主役のミートソース」弓削レシピ|白子玉ねぎ

レシピ
記事内に広告が含まれています。

相葉マナブ」の「旬の産地ごはん」は、旬の食材にスポットを当て、その食材を使った料理を紹介する人気企画です。

この企画では、相葉雅紀さんが各地を訪れ(千葉や静岡が多め?)、旬の食材を収穫したりその食材を使って料理したりしています。

食材の産地や特性が紹介され、生産者さんから料理のアイデアが提供されることで、食の楽しみが広がっているようです。

【放送日】2024.6.9(日)
【放送局】テレビ朝日系
【放送日時】毎週日曜18:00-19:00
【番組タイトル】相葉マナブ
【企画名】旬の産地ごはん
【レシピ】弓削啓太
【料理名】玉ねぎ主役のミートソース

>>関連タグ相葉マナブ

sponsored
sponsored

「玉ねぎ主役のミートソース」

出典公式HP

どこかすき焼きのような味わいのスパゲッティ。
「1回食べたら病みつきに!」
新玉ねぎの甘みが味わいを左右するそうです。

【3つのPOINT】
① 玉ねぎを塩と油でなじませる。
② 玉ねぎを蒸し焼きに。
③ 焼き目をウマミのポイントにする。

世界チャンプ・弓削シェフの間違いないレシピです。

材料(2人分)
  • 新たまねぎ:400g
  • にんにく:2片
  • EXVオリーブ油:60g
  • 塩:3g
  • 合い挽き肉:160g
  • 粗挽きコショウ:少々
  • スパゲッティ:200g太めが良い
  • 水:3L
  • 塩:30g
  • 白ワイン:80mL
  • 粉チーズ:10g
  • オリーブ油(仕上げ用):適量
  • 卵黄:2個分
  • 一味唐辛子
作り方

① 下ごしらえ
・ 玉ねぎ(400g)は皮をむき、長さを半分に切って薄切りに。
・ にんにく(2片)も皮をむいて薄切り。

【玉ねぎを塩と油でなじませる】

② 焦げ付き防止加工をしていない鍋(アルミ製など)に玉ねぎにんにくオリーブ油(60g)、(3g)を入れる。
③ 全体を混ぜ合わせてから強火(コールドスタート!)シュ~っと音がするまで1~2分炒める。

POINT

と混ぜ合わせることで新玉の甘みが引き出され、水分が出やすくなる。

【玉ねぎを蒸し焼きに】

※ 玉ねぎから出た水分を使って蒸らす。
④ 音がしたら弱火にして蓋、5分加熱。
⑤ 玉ねぎがしんなりしたらひき肉(160g)、粗挽きコショウ(少々)を入れて水分をとばすように強火で炒める。

【焼き目をウマミのポイントに】

⑥ に火が通ったらそれ以降はあまり触らず、焦げ付いてきたら混ぜるを繰り返し、しっかり焼き目をつける。
※ 焦げの酸味が醤油、玉ねぎの甘みがみりんを感じさせる。
⑦ このタイミングで(3L)に(30g)を入れて火にかける(パスタを茹でる準備)
⑧ ⓺を15分程火にかけ、玉ねぎひき肉見分けがつかないくらい色づいたら(!)中火に。
⑨ 白ワインを加え、焦げた部分をこそげとる。

POINT

白ワインでクサミがとれ、味にも奥行きが。焦げはウマミ!

⑩ パスタをゆでる前の湯から360mL取り、ソースの鍋に加えて水分がなくなるまで10分煮込む。
⑪ パスタを茹でる。表示時間の30秒前に取り出し、ソースの鍋に入れる。
⑫ (分量外・大さじ2~3)と粉チーズ(10g)を入れて全体をよく絡める。
⑬ 仕上げ用オリーブ油を加えてひと混ぜ。
⑭ 器に盛り、卵黄をのせて一味唐辛子を振る。

10万部突破!
すんごいな!
大人気レシピ本↓

関連レシピ

sponsored

白子玉ねぎの特徴

白子玉ねぎ
千葉県白子町で栽培されている新玉ねぎの一種。
主な特徴を簡単にまとめました。

  1. 甘みが強い: 白子玉ねぎは、通常の玉ねぎよりも甘みが強く、生で食べても辛みが少ない。そのため、サラダや生のままの料理に適している。
  2. 柔らかい食感: 白子玉ねぎは、肉質が柔らかく、煮込むとさらにトロトロに。この特性から、スープや煮物に使われることも多い。
  3. 白い外観: 名前の通り、皮が薄くて白いのが特徴。この美しい外観から、見た目を重視する料理にも使われる。
  4. 香りがマイルド: 一般的な玉ねぎに比べて香りがマイルドで、料理の風味を引き立てるが、他の素材の香りを邪魔しない。
  5. 栄養価: ビタミンCやカリウム、食物繊維が豊富で、健康にも良い食品。また、抗酸化作用があるケルセチンも含まれる。
  6. 季節限定: 白子玉ねぎは春から初夏にかけてが旬。

弓削啓太さん情報

弓削啓太さんについて簡単にまとめました。

  • 生年月日: 1985年生まれ
  • 出身地: 佐賀県
  • 職業: SALONE 2007(サローネ ドゥエミッレセッテ)のシェフ
  • 家族:
  • 経歴:
    • 甲子園出場経験あり
    • 大学に行く際、ワーキングホリデーを利用してカナダへ行き、レストランでアルバイト
    • パリで開催されたパスタ界のワールドカップ「パスタ・ワールド・チャンピオンシップ(PWC)2019」世界チャンピオン
  • 料理スタイル: 伝統的なイタリアンに和やフレンチ要素を取り入れた創作イタリアン。

「SALONE2007」を食べログでのぞく

おしまいに

手数が多いですが、丁寧に作りたいレシピでしたね。
最後までお付き合いくださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました