sponsored
sponsored

主役級!「オクラのネバネバ冷奴&オクラの白和え」作り方

レシピ
記事内に広告が含まれています。

野菜ソムリエ上級プロの関宏美さんが野菜の知識を紹介し
大阪のイタリアンシェフ鈴木浩治さんが料理を作るテンポの良い番組です。
とても短いですがポイントが詰まっていて楽しい!

dai-docoro☆ベジタ

sponsored
sponsored

今回のレシピ豆知識

・ オクラは緑色が濃く産毛が密集しているものを選ぶ。
・ ネバネバはペクチンなどの食物繊維。
→ 腸内環境を整える効果が期待できる。
・ オクラは切ってから茹でると水っぽくなり栄養成分も流れてしまう。
→ 茹でてから刻むと、水に溶けやすい栄養素もキープしながらネバネバになる。

「オクラのネバネバ冷奴」

材料(2人分)

おくら:6本(65g)
水:15mL
和風だしの素:小さじ1/2
梅肉:大さじ1(15g)
豆腐:1丁(340g)
みょうが:1個(18g)
アーモンド:3個(3g)

作り方

① 下ごしらえ
・ みょうがはせん切り。
・ アーモンドは砕く。
・ オクラを柔らかくなるまで1分塩茹で。氷水で冷やす。
② オクラを細かく刻みだしの素梅肉と合わせる。
③ 豆腐を器に盛り付ける。
④ オクラ豆腐にかける。
⑤ みょうがアーモンドを盛り付ける。

sponsored

「オクラの白和え」

材料(2人分)

おくら:8本
ミニトマト:6個
絹豆腐:150g
ミント:20枚
オリーブ油:小さじ1
鶏ガラスープの素:3g
砂糖:小さじ1/4
酢:小さじ1/2
塩:少々

作り方

① 下ごしらえ
・ オクラ(8本)は2分ゆで、氷水の入ったボウルに入れて冷ます。
・ 冷めたら軽く水けを絞り、薄切りに。
② ボウルにオクラ絹豆腐(150g)、砂糖(小さじ1/4)、(小さじ1/2)、鶏ガラスープの素(3g)、オリーブ油(小さじ1)、細かくちぎったミント(20g)を入れて混ぜる。
③ 縦半分に切ったミニトマト(6個)を合わせる。

【1人分】86.9kcal 

おすすめレシピ

鈴木浩治さん情報

鈴木浩治さんについて簡単にまとめました。
魚で組んだコースが秀逸らしいですね。

  • 生年月日:1974年
  • 出身地: 滋賀県
  • 職業: シェフ
  • 経歴
    スイスで経験を積み、帰国後は大阪のイタリアン「コロッセオ」など数軒で修業。
    中央市場の鮮魚店「文亀」で魚を学び、2006年「ラ ルッチョラ」をオープン
  • 料理スタイル: ナポリ料理をベースに、特に鮮魚にこだわった独創的な魚介イタリアン
  • 特徴: 手を加えるのは最小限、チカラを引き立たせることは最大限に、季節でいちばんの素材を吟味し、いちばん引き立たせる調理で仕上げることをコンセプトに
  • その他: 「ラ ルッチョラ」は、ミシュランガイドに掲載される実力店

「ラ・ルッチョラ」を食べログでのぞく

おしまいに

「オクラのネバネバ冷奴」と「オクラの白和え」でした。
簡単で主役級なのが嬉しいレシピです。

最後までお付き合いくださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました