sponsored
sponsored

【DAIGOも台所】「牛ロースピリ辛炒め&サラダ」たまには贅沢

レシピ
記事内に広告が含まれています。

DAIGOさんのペースがなんだか癒される「DAIGOも台所」。

こちらは「日々の献立を複数提案し悩みを解消する」というコンセプトの料理番組だそうです。

プロ考案の家庭料理を複数紹介していただけるので、献立の悩みが軽減される方もいらっしゃるでしょう。
そして「ひと手間でおいしくなる料理」とうたい、ちゃんと手間を大切にしているところにプロの矜持をみたりなんかして。

知らないでいることと、知ってて端折ることってなんか違う気がするからさ←言い訳だな(笑)

とにかく、単に面白番組として見てしまうので後からのレシピチェックは欠かせません(笑)

金曜日は、山本ゆりさんのカジュアルなレシピってところもメリハリがあっていいな。
ゆりさんの本、うっかり図書館で読んでしまって、笑いをこらえるのがしんどかった記憶があるぜ。

【放送日】2024.6.12(水)/2022.6.2(木)
【放送局】テレビ朝日系
【放送時間】毎週月~金13:00-13:45
【番組タイトル】DAIGOも台所~きょうの献立何にする?~
【企画名】たまには贅沢/失敗しない焼き方
【料理人】川﨑 元太 先生
【料理名】牛ロースピリ辛炒め

>>関連タグDAIGOも台所 

sponsored
sponsored

今日の3品

かんたんローストビーフ
牛ロースピリ辛炒め
牛肉のあったかサラダ

「牛ロースピリ辛炒め」

鶏もも肉、豚バラ肉など脂のある肉と相性が良い味付け。
クミンシードがない場合は黒コショウでも◎

焼き色がつくまで触らず我慢し「ガツンと目が覚める」ような良い香りの一品に仕上げます(笑)

材料(2人分)

牛ロース肉(ステーキ用):250g
ズッキーニ:100g
エリンギ:50g
にんにく:1片
赤ピーマン:1/2個
クミンシード:小さじ1
サラダ油:適量

【牛肉の下味】
塩:小さじ1/4
粗挽黒コショウ:小さじ1/4
酒:小さじ2
片栗粉:小さじ1

【合わせ調味料】
醤油:大さじ1
砂糖:小さじ2
酢:小さじ2
水:小さじ1
一味唐辛子:小さじ1/2
片栗粉:小さじ2/3

作り方

① 下ごしらえ 
・ ズッキーニ(100g)とエリンギ(50g)は1㎝角、5㎝長さの棒状に切る。
・ 赤ピーマン(1/2個)は1cm幅の棒状に。
・ ニンニク(1片)は薄切り。
・ 牛ロース肉は1.5㎝幅の棒状に切り、下味の(小さじ1/4)、粗挽黒コショウ(小さじ1/4)、(小さじ2)で下味をつけ片栗粉(小さじ1)をまぶす。
※ 赤身の水分が締まり過ぎないよう酒を揉み込む。
・ 合わせ調味料の材料を合わせる。
② フライパンにサラダ油(大さじ1)を熱し、エリンギズッキーニの順に強火で炒める。焼き色がついたら赤ピーマンを炒め合わせて取り出す。
③ 同じフライパンに牛肉を重ならないように並べ強火で焼く。
④ 焼き色がついたら裏返し、が少ないときは足し、ニンニククミンシード(小さじ1)を加えて弱火で炒める。
⑤ フライパンに野菜を戻し入れて強火
⑥ 合わせ調味料を2~3回に分けて加えて炒め、器に盛る。

【1人分】539kcal 塩分2.2g

sponsored

合わせる一品「サラダ」

公式のおススメは「ほうれん草のにんにくサラダ」です。
ずいぶん違いますけど何かしらの参考になれば(笑)

「ほうれん草の和風ナムル」

【ベジタ】鈴木浩治さんのレシピ。

材料(2人分)
  • ほうれんそう:1束(200g)
  • 塩:適量
  • 薄口醤油:小さじ1/2
  • ごま油:大さじ1
  • サラダチキン:1パック(110g)
  • かつお節:適量(10g)
  • 柚子皮:適量
作り方

① ホウレンソウ(200g)は2分ほどゆで。
② 粗熱をとって5㎝長さにカット。
③ 水けをきって醤油(小さじ1/2)、ゴマ油(大さじ1)と和える。
④ 裂いたサラダチキン(110g)、カツオ節(10g)を加えてよく混ぜる。
⑤ 盛り付けて柚子皮(適量)をおろしかける。

レシピ豆知識

・ ほうれん草は根元に赤みがあって太いものが◎
・ ほうれん草のβ-カロテンは野菜の中でもTOPクラス。
・ 切り口からビタミンCが流れ出てしまうので、切らずに茹でて栄養キープ。
・ ほうれん草のビタミンKがかつお節のカルシウムの吸収を高め丈夫な骨づくりが期待できる。
・ かつお節でうまみも加わって◎
・ 柚子皮が香り高く箸が止まらない!

おしまいに

最後までお付き合いくださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました