sponsored
sponsored

【3分クッキング】アレンジ冷やし中華「蒸し鶏とキュウリの冷やし中華」2種のタレ

レシピ
記事内に広告が含まれています。

キユーピー3分クッキング」は、毎日の献立作りに役立つ、簡単で便利なレシピを提供する料理番組です。なんと1963年から続いています。

料理初心者から上級者まで、料理の知識を深めたい方や新しいレシピを探している方に、ドンピシャな番組であります。

ちなみに、番組開始当初は5分間の番組で、CMを除いた放送時間が正味「3分」だったそうです。

【放送日】2024.6.29(土)
【放送局】日本テレビ系
【放送時間】毎週月~土11:45-11:55
【番組名】キューピー3分クッキング
【企画名】
【料理人】ariko
【料理名】蒸し鶏ときゅうりの冷やし中華

>>関連タグ3分クッキング 

sponsored
sponsored

酢醤油ダレ「蒸し鶏とキュウリの冷やし中華」

あるモノのせりゃいいのよ、あるモノで!
「簡単に冷やし中華でイイよ」←厳罰

材料(2人分)

中華生めん:2玉(240g)
 ごま油:小さじ1 
 塩:少々
鶏ささみ:3本(150g)
 酒:大さじ1.5
 塩:少々
きゅうり:1本(100g)

【酢じょうゆだれ】
醤油:大さじ3
酢:大さじ2
砂糖:大さじ1.5
水:大さじ1.5
ごま油:小さじ2
しょうが汁:小さじ1
レモン汁:小さじ1

作り方

① 材料の準備
・ 耐熱皿にささみ(150g)を入れて(大さじ1.5)と(少々)をまぶし、ふんわりラップして600W2分30秒レンチン。
・ そのまま余熱で火を通す。粗熱がとれたら細かく裂き、耐熱皿に戻して残った蒸し汁を吸わせる。
・ キュウリは斜め薄切りにして、細切り。
・ 酢じょうゆダレの材料はよく混ぜて砂糖を溶かす。

② 鍋にたっぷりの湯を沸かし、中華生麺(240g)を表示時間通りにゆでる。

③ 流水でもみ洗いしてヌメリを落とす。氷水で冷やし、ザルに上げて水気をしっかり押し絞る。

④ ボウルに入れてゴマ油(小さじ1)、(少々)を加えて和える
※ ゴマ油を絡めると麺がほぐれやすく、香りも良い。下味もつく。

⑤ 器に中華麺を盛り、キュウリささみをのせ、酢じょうゆダレをかけ、好みでレモンの輪切りを添える。

【1人分】459kcal 塩分3.8g

ごまだれ「蒸し鶏とキュウリの冷やし中華」

材料(2人分)

中華生めん:2玉(240g)
 ごま油:小さじ1 
 塩:少々
鶏ささ身:3本(150g)
 酒:大さじ1.5
 塩:少々
きゅうり:1本(100g)
パクチー:適宜

【ゴマだれ】
練り白ごま:大さじ2 
醤油:大さじ2 
酢:大さじ2 
鶏ささみの蒸し汁:大さじ1 
砂糖:大さじ2
おろししょうが:小さじ1 
刻み長ねぎ:5㎝分

作り方

① 材料の準備
・ 耐熱皿にささみ(150g)を入れて(大さじ1.5)と(少々)をまぶし、ふんわりラップして600W2分30秒レンチン。
・ そのまま余熱で火を通す。粗熱がとれたら細かく裂き、耐熱皿に戻して残った蒸し汁を吸わせる。
・ 蒸し汁(大さじ1)をとりおく。
・ キュウリ(100g)は斜め薄切りにして、細切り。
・ ゴマだれの材料はよく混ぜて砂糖を溶かす。ラー油を加えても◎

② 鍋にたっぷりの湯を沸かし、中華生麺(240g)を表示時間通りにゆでる。
※ キュッと締まればOK。

③ 流水でもみ洗いしてヌメリを落とす。氷水で冷やし、ザルに上げて水気をしっかり押し絞る。
※ キュッと締まればOK。

④ ボウルに入れてゴマ油(小さじ1)、(少々)を加えて和える
※ ゴマ油を絡めると麺がほぐれやすく、香りも良い。下味もつく。

⑤ 器に中華麺を盛り、キュウリささみをのせ、ゴマだれをかけ、好みでパクチーを添える。

【1人分】569kcal 塩分3.7g

人気【冷やし中華】の人気レシピはこちら冷やし中華 

sponsored

関連記事

arikoさん情報

arikoさんについて簡単にまとめました。

  • 名前:ariko(ありこ)
  • 生年月日
  • 出身地
  • 職業:編集ライター、料理家
  • 家族:夫と大学生の息子との3人家族
  • 経歴
    • arikoさんは『CLASSY.』、『VERY』、『HERS』などの人気ファッション誌で活躍。
    • フード関係の特集記事なども手がける
    • 自身のレシピをまとめた本を3冊出版しています13
  • 料理スタイル
    • シンプルだけど至福の組合せ
    • 見ているだけでお腹が空いてくる

おしまいに

2種のタレ、よさそうですね。
使い回せそう!

下味も素晴らしい。

最後までお付き合いくださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました