sponsored
sponsored

【あさイチ】最強の「豚しょうが焼き」作り方|荻野聡士

レシピ
記事内に広告が含まれています。

【放送局】NHK
【放送時間】毎週月~金 8:15~9:55※祝日は無し
【番組タイトル】あさイチ
【企画名】KiraKiraキッチン
【料理人】荻野聡士
【料理名】豚しょうが焼き

>>関連タグあさイチ 

今晩作りたくなる定番料理をシェフに学ぶ「KiraKiraキッチン」で、荻野聡士さんの「最強の豚しょうが焼き」を学びました。

sponsored
sponsored

「最強の豚しょうが焼き」

アスパラのかわりに、短冊にしたズッキーニ、舞茸、しめじ等もおススメだそうです。

材料(2人分)

豚バラ薄切り肉:250g

【漬け地】
おろし玉ねぎ:1/4個分
おろししょうが:1/2片
酒:大さじ1

【タレ】
醤油:大さじ2.5
みりん:大さじ2.5
酒:大さじ1
砂糖:小さじ1
おろししょうが:1/2片

片栗粉:適量
玉ねぎ:くし形3/4個分
グリーンアスパラガス:2本
サラダ油:大さじ1
ごま油:小さじ1
白すりごま:小さじ1
キャベツ:80g

作り方

① 下ごしらえ
・ 玉ねぎ(1/4個分)はすりおろし、(3/4個分)はくし切り。
・ グリーンアスパラガス(2本)は斜め切り。
・ キャベツ(80g)はせん切り。
・ ポリ袋におろし玉ねぎおろししょうが(1/2片分)、(大さじ1)を入れて混ぜる(漬け地)
・ 豚バラ肉(250g)は7~8㎝長さに切る。漬け地に入れて揉み5分おく。
 ※ 肉を柔らかくし、香りもつける。
・ ボウルにタレの材料を入れて混ぜる。
② 豚バラ肉をバットに広げ、片面だけに茶こしなどで片栗粉(適量)を薄くふる。
※ 肉の焼き縮みを防ぎ、味も絡みやすい
③ フッ素樹脂加工のフライパンにサラダ油(大さじ1)を入れ、中火で温める。
④ 片栗粉をはたいた面を下にしてを2回に分けて入れる。
⑤ に焼き目がついたら、奥へ寄せる。
⑥ フライパンの手前に、くし形玉ねぎを入れ、中火1分焼きつける。
⑦ アスパラガスを入れ、全体を炒め合わせる。
⑧ 油が回ったらタレを回し入れ、汁けが少なくなるまで中火2分30秒炒め合わせる。
⑨ ごま油(小さじ1)、すりごま(小さじ1)を加え、ひと混ぜする。
⑩ 器に盛りキャベツのせん切りを添える。

人気【しょうが焼き】の人気レシピはコチラしょうが焼き

この回紹介されたレシピ

山野辺仁さん「極上チャーハン」
今ココ荻野聡士さん「最強の豚しょうが焼き」
秋元さくらさん「絶対おいしいハンバーグ」

sponsored

荻野聡士さん情報

荻野聡士さんについて簡単にまとめました。

  1. 出身地:東京都
  2. 職業:料理人、オーナーシェフ
  3. 経歴
    • 寿司屋でのアルバイトをきっかけに料理人を志す
    • 「京都吉兆嵐山本店」で8年、「銀座小十」で5年、「銀座奥田」で2年間店長を務める
    • 30歳のときに「銀座奥田」の料理長に就任
    • 2020年3月「赤坂おぎ乃」をオープン
  4. 料理スタイル:王道
  5. 受賞歴:「ミシュランガイド東京2021」の日本料理部門において一つ星を獲得

おしまいに

最後までご覧くださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました