sponsored
sponsored

【保存版】ソーメン二郎が厳選「そうめんアレンジ6選」|絶品そうめんお取り寄せ

レシピ
記事内に広告が含まれています。

もはや風物詩。
ソーメン二郎大先生のお出ましでございます。

三輪そうめん発祥の地、奈良県桜井市で生まれ、幼少から親戚の製麺所をお手伝い。

衰退していくそうめん業界を盛り上げるべく、ソーメン二郎を名乗ってPR活動をなさっているのだとか。

【放送局+タイトル】
日本テレビ系「ヒルナンデス」
TBS系「サタプラ」

【レシピ作成】
ソーメン二郎

【料理名】
そうめんアレンジ

>>関連タグサタプラ ヒルナンデス

そうめんを飽きずにおいしくいただく方法を、ソーメン二郎さんが教えてくださいました。

三輪そうめん発祥の地、奈良県桜井市で生まれ
幼少から親戚の製麺所をお手伝い。

衰退していくそうめん業界を盛り上げるべく
ソーメン二郎を名乗ってPR活動をなさっているのだとか。

夏に嬉しい飽きないレシピ、しっかり学んでまいりましょう。

sponsored
sponsored

おいしい茹で方

① 沸騰した湯の中に梅干しを入れる。
※ クエン酸効果でそうめんがキュッと締まりコシが生まれる。
② そうめんを表示通り茹でる。
③ 混ぜすぎない。対流に任せると均一に熱が伝わる。
④ 流水でもみ洗いしめる。
※ 氷水につけると「カルキ臭がうつり小麦の風味が失われる」らしいです。

5分で「そうめんサバ缶チャンプルー」

材料(2束分)

そうめん:2束
もやし:100g
オリーブ油:大さじ2
ニラ:3本
柚子胡椒:小さじ1
サバ缶:120g

作り方

① 少量のオリーブ油ニラもやしを炒める。
② サバをなじませる。
③ 火を止めて茹でたそうめんと和える。
④ 残りのオリーブ油柚子胡椒を加えて混ぜ合わせる。

sponsored

「そうめんと豚肉のミルフィーユ」

材料(2人分)
  • そうめん:2束
  • 豚ロース薄切り:9枚
  • ごま油:大さじ1
  • 塩・コショウ:少々
  • 青じそ:6枚
作り方

① フライパンにごま油を引いて中火
② 豚肉塩・コショウ
③ フライパンに豚肉3枚を広げて焼く。
④ 青じそ3枚を並べる。
⑤ ゆでたそうめんを平らに敷き詰める。
⑥ しそそうめんしそそうめんと重ねる。
⑦ 蓋をして焦げ目がつくまで5分蒸し焼き。
※ ポン酢でいただく。

「キムたくそうめん」

食感が面白い。
友近「ずっと付きまとって欲しい」

材料(2人分)
  • そうめん:3束
  • 納豆:2パック
  • 新しょうが:2本
  • キムチ:20g
  • たくあん:4切れ
  • 青ねぎ:2本
  • もみじおろし:少々
  • かつおだしめんつゆ:適量
作り方

① 茹でたそうめんに具材をのせてめんつゆを注ぐ。

「室町風ぶっかけそうめん」

室町時代、高級品だったそうめんの食べ方に似せたレシピらしい。
AIさん曰く:「室町風」は、その調理法や風味が室町時代の風味を彷彿とさせることから名付けられた。

材料(1人分)

そうめん:1.5束
クルミ:2粒
@にんにく:少々
@梅肉:少々
@酢:小さじ1
@からし:少々
@ごまドレッシング:大さじ3

作り方

① クルミを砕く。
② @を混ぜる(タレ)
③ ゆでたそうめんの上にタレをかけてクルミを散らす。
※ 味噌のかわりにごまドレで現代風にアレンジ。

「トマトとツナのミルクそうめん」

材料(2人分)
  • そうめん:3束
  • 牛乳:400mL
  • 3倍濃縮めんつゆ:大さじ3
  • ツナ缶:1缶
  • トマト:1/2個
  • 大葉:2枚
  • ゆで卵:1個
作り方

① 下ごしらえ
・ トマトはくし形。
・ 青じそはせん切り。
・ は半分。
② ツナ缶めんつゆ牛乳を混ぜ合わせる。
③ そうめんに②をぶっかけてトッピングする。

スイーツ「巻きそうめんのクロワッサン風」

材料(2人分)
  • そうめん:1束
  • バター:20g
  • グラニュー糖:大さじ2
作り方

① ゆでたそうめんグラニュー糖、溶かしバターを混ぜる。
② クルクル巻いてオーブンシートにのせる。
③ 200℃で15分焼く。
※ チョコレートトッピングもおすすめだそうです。

おすすめそうめん

あさイチ」で紹介されました。

白石温麺(うーめん)

五色そうめん

半田そうめん

乾麺グランプリ優勝⁉

小豆島オリーブそうめん

吉野葛入りそうめん

・ ノンオイル。
・ 細くのばすときに使う油の代わりに吉野葛を使っている。
・ 酸化臭がないので小麦本来の香りとのどごしが楽しめる。
・ 「喉ごし」ならぬ「喉走り」のある究極のそうめん!

おしまいに

いろいろ追っかけてみると、そうめんってぇのもなかなかに奥深い食べ物なんだな、と。
恐れ入谷でごぜぇやす。
池波先生猛読中
最後までお付き合いくださりありがとうございました。

人気【そうめん】の人気レシピはコチラそうめん ソーメン二郎

タイトルとURLをコピーしました