sponsored
sponsored

【あさイチダイジェスト】子どもを持たない生き方

その他
記事内に広告が含まれています。

あさイチ」は、NHKが生放送でお届けする情報番組。視聴者に役立つ生活実用情報から、身近な社会問題、エンターテインメントまで、旬の話題を深掘りしています。

生活がちょっと楽しくなり、気持ちが軽くなるような内容が満載です。

キャスターを務めるのは、博多華丸・大吉さんと鈴木奈穂子アナ。彼らの親しみやすいトークと多彩なコーナーが、毎朝のスタートを明るく彩ります。

【放送日】2024.7.1(月)
【放送局】NHK
【放送時間】毎週月~金 8:15~9:55※祝日は無し
【番組名】あさイチ
【企画名】

>>関連タグあさイチ 

生涯子どもを持たない女性は28.3%、4人に1人だそうです。

番組内の意見をランダムに紹介。
「さまざまな意見の共有」

sponsored
sponsored

もともと子どもは望まなかった

子どもが欲しいと思ったことがない。
「産まないのがおかしい?」
「産んだ方がいいのかな?」

産まない自分を認められるようになった。

なんで子ども欲しかったんだっけ?

子育てで夫婦の絆が深まると思っていた。

「お子さん、まだなの?」
世の中から消えて欲しい言葉。
自分の人生を生きていこうとしても阻まれる言葉。

不妊治療は時代に合わせた私のポーズだったかも。
「子ども欲しい」の意思表明だったのかも。

sponsored

子どもが欲しいと思った理由

子どもが欲しいのは

みんなそうだから?
将来安心だから?
周りのため?

ゲスト・吉田潮さんの著書から

  • ホレた相手をつなぎ止める証
  • 現状の不安や鬱屈から逃げたい
  • 出産という経験がしてみたい
  • 女としての証ステータス
  • 他人様ができることを自分もしてみたい
  • あり余る自己愛を注ぎたい
  • 自分にかまうのに飽きた
  • 何かに縛られたい
  • 子育てしたい、母になりたい
  • 親に孫の顔を魅せたい

主語がどこかに行ってしまう。
普通って何?

不妊治療の末に導いた答え

不妊治療のその先

「治療、やめようか?」
「二人でいいじゃん」

  • 子どもを産むために結婚したワケじゃない。
  • 子どもがいるからこその楽しみもあり、いないからこその楽しみもある。

夫婦で話せなかった

  • 聞くのが怖い。
  • 沈黙を見て自分なりに解釈。
  • 自然に任せて治療はしない。
  • 自分の生活が不安定で子を持つイメージがない。
  • 話さないことは互いへの気遣いではあるが、話さなかったことを後悔してほしくない。

世の意見

  • 孫を抱かせてあげられない?
  • 結婚して子どもを産んで一人前?
  • 子どもがいないと、年とってから寂しいわよ?
  • パートナーお互いがどう考えているかが大事。
  • 産みたいと思っても、育てたいとは思ってなかった。
  • 「お子さんは?」「いません」「あ、すみません」ハレモノ扱い?
  • 子どものいる・いないは、ハワイ旅行に行ったことがある・ないと同程度。
  • 子どもがいることを因とする、仕事の選択肢が狭められることはなかった。
  • 出産・育児の負担で自分のキャリアはどうなるのか?
  • 今あるものに目を向ける。パートナー、親。
  • 人として未熟?不完全?何のために生きてる?
    →自分自身がどう過ごすか。パズルのピースは自分で埋めていくもの。あとから見て、埋まってたね、でいい。
  • 絆という文字は糸を半分ずつ持ち寄る、そこに子の文字は含まれない。
  • 子は授かりもの、授からない事実も授かりもの。
  • 平気なフリも疲れる。
  • 無責任でいられるのも気楽。
  • 誰かのせいにせず、自分自身の答えを出す。
  • 老後が不安。
    →横のつながりを大事に。ボランティアに参加など。
  • 産みたいのではなく、育てたいので養子を迎えた。

主語に気付こう。世の意見?(おまえの意見だろ?)

おしまいに

最後までお付き合いくださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました